中得一美

中得一美

(ナカエヒトミ)

1991年、日本映画学校脚本ゼミを卒業後、広告映像制作会社、図書館司書、介護職など数々の仕事を手がける。2006年、映画『風の外側』(奥田瑛二監督)に参加。2013年『嫁の心得』で第1回日本エンタメ小説大賞を受賞し、小説家デビュー。

 嫁の甲斐性

嫁の甲斐性

年季が明けて嫁いだが、夫が大怪我。借金返済のため苦労を重ねる吉原の元花魁・すずの数奇な半生を描く、新鋭の新感覚時代小説!

  • A6(文庫)判288ページ
  • 20211007発売
  • 価格 770円(税込)
  • ISBN 9784408556956
  • 発売予定
 嫁の家出

嫁の家出

人生の〈思秋期〉を迎えた夫婦の、心と体の“すれちがい”と、妻の“大胆な決断”をありのままに描いた、新感覚人情時代小説!

江戸八丁堀の与力の妻・品の願いは、夫婦水入らずの「江ノ島詣で」だけなのに……新鋭が描く、人生の思秋期を迎えた夫婦像。

  • A6判320ページ
  • 20200207発売
  • 価格 770円(税込)
  • ISBN 9784408555652
  • 在庫あり