朝比奈あすか

朝比奈あすか

(アサヒナアスカ)

1976年東京都生まれ。会社員を経て、2000年にノンフィクション『光さす故郷へ』(マガジンハウス)を刊行。06年、群像新人文学賞受賞作『憂鬱なハスビーン』(講談社)で作家デビュー。以降、働く女性や子ども同士の関係を題材に、多数の作品を執筆。主な著書に『闘う女』(小社)、『憧れの女の子』『自画像』『人生のピース』『ななみの海』(双葉社)、『あの子が欲しい』(講談社)、『さよなら獣』 (中央公論新社)、『人間タワー』(文藝春秋)、『君たちは今が世界(すべて)』(KADOKAWA)、『翼の翼』(光文社)などがある。(2023年9月現在)

 ミドルノート

ミドルノート

ひと振りの香水で 明日のわたし、もっと輝く!
ベストセラー『翼の翼』『君たちは今が世界』で大躍進の著者がすべての女性に贈るエール。

働き方や活躍の場が異なるアラサー女性四人が、混沌とした時代の波に揉まれ選び取った生き方とは? 注目著者の傑作仕事小説!

  • 四六判248ページ
  • 20230929発売
  • 価格 1,760円(税込)
  • ISBN 9784408538433
  • 在庫あり
 闘う女

闘う女

私、いつまで頑張るの?

ロスジェネ世代・キャリア女性の欲望と葛藤の行方は――。要注目の著者が放つ、女の狡さと本音全開の“黒い”お仕事小説!

  • A6判392ページ
  • 20150403発売
  • 価格 703円(税込)
  • ISBN 9784408552170
  • 在庫あり
    電子書籍あり
 プールサイドの彼方

プールサイドの彼方

「あしたの私は、もっと強いはず」――

恋愛、就職、結婚、出産、離婚、そして…。「出産前と出産後」という二つの人生と「女」の圧倒的な本音を抉り出す、新鋭初の長編意欲作!

  • 四六判308ページ
  • 20120920発売
  • 価格 1,760円(税込)
  • ISBN 9784408536125
  • 品切重版未定