三浦正幸

三浦正幸

(ミウラマサユキ)

1954年、名古屋市生まれ。東京大学工学部建築学科卒業。工学博士、一級建築士。広島大学工学部助教授を経て1999年より同大学大学院文学研究科教授。専門は日本建築史、文化財学。松山城、宇和島城、津和野城、高天神城、諏訪原城、横須賀城など多数の城郭の整備委員会委員を務めている。著書に『城の鑑賞基礎知識』(至文堂)、『城のつくり方図典』(小学館)など多数ある。(2016年1月15日現在)

 読めば行きたくなる「日本の城」

読めば行きたくなる「日本の城」

あの城は 名城!? 迷城!?

国宝級から山城まで日本の名城を厳選し、成り立ちや建設秘話、逸話などを紹介。また時代によっての城の違いや建築技法も網羅。

  • A6判304ページ
  • 20160115発売
  • 本体価格 680円+税
  • ISBN 9784408456638
  • 在庫あり
 意外と知らない!こんなにすごい「日本の城」

意外と知らない!こんなにすごい「日本の城」

城一つひとつに驚愕のドラマがあった!

「金のしゃちほこは小判何枚分?」「城下町より低い位置に建てられた城は?」など、お城の様式美、データ、エピソードを紹介。

  • 新書判240ページ
  • 20090627発売
  • 本体価格 762円+税
  • ISBN 9784408107684
  • 品切重版未定