特集・記事
編集部

4/16(土)開催!額賀澪さん×原田ひ香さんトーク&サイン会

共有する
関連ワード

買収された企業の怒涛の1年を描く、額賀澪さんのヒューマン・コメディ『弊社は買収されました!』の出版を記念して、イベントを開催します。ゲストは『三千円の使いかた』が大ヒット中の原田ひ香さん。ここでしか聞けない執筆の舞台裏、読者の皆さんからお二人への質問コーナー、サイン会など、盛りだくさんの内容です。

【イベント概要】

●日時 2022年4月16日(土)14:00~16:00(開場13:30)
●場所 八重洲ブックセンター本店8階ギャラリー
●募集人員 40名(満席になり次第、受付を終了します)

【お申込み方法】

ご参加にはご予約が必要です。以下をお読みのうえ、お申込みください。また、八重洲ブックセンター本店での対象書籍『弊社は買収されました!』(税込1,760円)の購入が必須となります。他店での購入ではご参加いただけません。開催当日でもご購入いただけます。

>>八重洲ブックセンターイベントページはこちら<<

額賀澪  ●額賀澪
 1990年茨城県生まれ。日本大学芸術学部文芸学科卒。
 2015年に『屋上のウインドノーツ』で松本清張賞を、
 『ヒトリコ』で小学館文庫小説賞を受賞し、デビュー。
 その他の著書に『タスキメシ』『さよならクリームソーダ』『君はレフティ』
 『ウズタマ』『完パケ!』 『拝啓、本が売れません』『風に恋う』
 『沖晴くんの涙を殺して』『世界の美しさを思い知れ』など多数。



原田ひ香 ●原田ひ香
 1970年神奈川県生まれ。
 2006年「リトルプリンセス2号」で
 NHK創作ラジオドラマ脚本懸賞公募の最優秀作受賞。
 07年「はじまらないティータイム」で第31回すばる文学賞を受賞し、
 作家デビュー。
 その他の著書に『三人屋』シリーズ、『ランチ酒』シリーズ、
 『東京ロンダリング』『母親ウエスタン』『三千円の使いかた』
 『そのマンション、終の住処でいいですか?』『口福のレシピ』など多数。
 最新刊は『古本食堂』。

撮影/喜多剛士