もうひとつのジェノサイド 長春の惨劇「チャーズ」

  • 遠藤誉 著 (エンドウホマレ)
タグ
シリーズ
  • 四六判368ページ
  • 2022年07月03日発売
  • 価格 1,870円(税込)
  • ISBN 978-4-408-65024-1
    • 在庫あり
オンライン書店で購入する
  • amazon
  • 楽天ブックス
  • 7ネットショッピング
  • honto
  • 紀伊國屋書店
  • e-hon
  • Honya Club
もうひとつのジェノサイド 長春の惨劇「チャーズ」

内容紹介

中国革命戦の裏で葬り去られた
惨劇「チャーズ」の真実を人類史に刻む――。
作家・佐藤愛子氏、推薦!
「これは、もうひとつのウクライナだ」

いま、世界中が注目するウクライナ侵攻。
ロシアによるジェノサイドともいうべき
残虐な場面の報道を見るたび、
中国研究家の遠藤誉氏は
幾重にも重なる餓死体の上で野宿した 
幼少期の恐怖体験を思い起こす――。

******

1947年、中国共産党は
国民党軍と激しい内戦を繰り広げていた。

「長春を死城たらしめよ」

この毛沢東の指令により、
国民党が占拠する長春市は食糧封鎖され、
市民数十万人が餓死する事態へ追い込まれたのである。

かつて長春で「もうひとつのジェノサイド」=「チャーズ」
があったことを知る人は少ない。
チャーズ生存者も、もうそう多くはいない。
その数少ない生き証人の一人が著者・遠藤誉氏である。

「私には『もうひとつのジェノサイド』を
人類の歴史に刻み込む使命がある。
亡くなられた方たちはゴミくずのように捨てられ、
『チャーズ』の事実そのものが葬られていったからだ」

中国共産党が封印し続ける惨劇「チャーズ」。

「これは、もうひとつのウクライナだ」と、
あの大作家・佐藤愛子氏も激賞する
魂の実録・ノンフィクション。