紡 Vol.2

タグ
シリーズ
  • A5判328ページ
  • 2011年04月04日発売
  • 価格 922円(税込)
  • ISBN 978-4-408-63210-0
    • 品切重版未定
オンライン書店で購入する
  • amazon
  • 楽天ブックス
  • 7ネットショッピング
  • honto
  • 紀伊國屋書店
  • e-hon
  • Honya Club
紡 Vol.2

内容紹介

はじまる私へ、手渡す物語。

【お詫び】
4月4日発売「紡Vol.2」の表紙、背表紙、ならびに目次(P.2)におきまして、
柚木麻子先生のお名前の表記に誤りがございました。
「柚月麻子」は「柚木麻子」の間違いです。
柚木先生、関係者、読者の皆様には大変ご迷惑をおかけしました。
謹んでお詫び申し上げます。

実業之日本社文芸出版部




【Vol.2の読みどころ】
あさのあつこさんの、戦時下の少女たちの日々を描く連載がスタート! お母さまの戦争体験を取材、全身全霊で紡がれた感動作です。

歌人枡野浩一さんの著書『もう頬づえをついてもいいですか?』の文庫化に際し、帯に短歌を寄せて頂いたご縁で、山本文緒さんと枡野さんの、初顔合わせ対談が実現! ファン必読の16ページです。

NHKの連続テレビ小説「おひさま」に、当社からかつて刊行された伝説の少女雑誌『少女の友』が登場するのを記念し、『少女の友』で活躍したアーティスト、中原淳一をカラーで特集します。

目次

【新連載小説】
あさのあつこ「花や咲く咲く」
柚木麻子「王妃の帰還」

【特別企画】
『もう頬づえをついてもいいですか?』文庫化記念対談
 山本文緒×枡野浩一

写真詩集『無用のかがやき』(詩:谷郁雄 写真:リリー・フランキ―)
 文庫化によせて/ 谷郁雄『はじまるあなたへ贈る言葉』

連続テレビ小説「おひさま」と中原淳一の世界
 戦前の少女と私たちが出会う場所

【言葉と絵の贈り物】
中村航×宮尾和孝「わたしのしたいこと 春の終わりに」

【読み切り短編】
河原千恵子「あらののはてに」

【新連載エッセイ】
華恵「きょう、何食べた?」

【連作短編】
朝比奈あすか「アイドル時代」
坂井希久子「迷子の大人」
はらだみずき「ずっと忘れない」
吉川トリコ「漂泊シャネル」

【エッセイ】
私は「○○一年生」 朝倉かすみ/ 長嶋有/ 星野源