血の代償

タグ
シリーズ
  • 新書判208ページ
  • 2009年01月30日発売
  • 価格 943円(税込)
  • ISBN 978-4-408-60536-4
    • 品切重版未定
オンライン書店で購入する
  • amazon
  • 楽天ブックス
  • 7ネットショッピング
  • honto
  • 紀伊國屋書店
  • e-hon
  • Honya Club
血の代償

内容紹介

未曽有の危機に直面した日本を描く問題作

東京都内で若い税務署員が殺された。警視庁特捜班の内川は、ここ数ヶ月に起きている同様の事件との類似性を感じとり、危機感をつのらせる。有名ジャーナリストの坂本は、自身が主宰する雑誌で過激なアジキャンペーンを張るいっぽう、裏では悪辣な官吏を誅する組織を率い、日本を内側から崩壊させようと画策していた。だが、そうしたたくらみが暴走しはじめ、次々と殺戮が繰り返されることに……。はたして日本の行方は!? 未曾有の危機に直面した日本を描く問題作。