凶殺の掟新・裏刑事捜査帳

タグ
シリーズ
  • 新書判228ページ
  • 2007年02月01日発売
  • 価格 933円(税込)
  • ISBN 978-4-408-60414-5
    • 品切重版未定
オンライン書店で購入する
  • amazon
  • 楽天ブックス
  • 7ネットショッピング
  • honto
  • 紀伊國屋書店
  • e-hon
  • Honya Club
凶殺の掟

内容紹介

東京・吉祥寺で、空き家の地下室から白骨化した死体が発見された。DNA鑑定の結果、死体はインドネシア政府の要人ダルマン・ソラタニアと判明した。彼は大統領の命を受け、日本政府中枢の人物への密書を携えて1年前に来日したものの、その後行方不明になっていたのだ。その密書には、日本で活動するテロリストの黒幕として松岡省三の名が記されていたという。松岡を父の仇と追う裏刑事・武田和臣はさっそく事件の背後を調べ始める。だがその矢先、来日したダルマンの娘・アケミが何者かに拉致されてしまった――恐るべきテロ組織に捨て身で挑む超法規刑事たちの死闘を描く第2弾!