飛鳥十字殺人事件

  • 斎藤栄 著 (サイトウサカエ)
タグ
シリーズ
  • 新書判272ページ
  • 2005年08月12日発売
  • 価格 922円(税込)
  • ISBN 978-4-408-60336-0
    • 品切重版未定
オンライン書店で購入する
  • amazon
  • 楽天ブックス
  • 7ネットショッピング
  • honto
  • 紀伊國屋書店
  • e-hon
  • Honya Club
飛鳥十字殺人事件

内容紹介

歴史学者である妻伸子の助言のもと、大胆な推理を展開する大和田の小説は、発刊するとたちまち評判となった。しかし伸子の勤める大学を牛耳る先輩教授は、妬みから大和田を中傷し、伸子を学内から追放しようとする。数日後、<インターラーケン城>と名付けられた広大な別荘の中で、その教授は惨殺されていた。「聖徳太子の謎」に端を発する殺人事件は意外な展開を見せ、第2、第3の悲劇がそこに幕を開けようとしていた。