十津川警部捜査行 みちのく事件簿

タグ
シリーズ
  • 新書判304ページ
  • 2004年07月16日発売
  • 価格 901円(税込)
  • ISBN 978-4-408-60278-3
    • 品切重版未定
オンライン書店で購入する
  • amazon
  • 楽天ブックス
  • 7ネットショッピング
  • honto
  • 紀伊國屋書店
  • e-hon
  • Honya Club
十津川警部捜査行 みちのく事件簿

内容紹介

事件が起きたのは、五能線沿いの海辺にある不老不死温泉だった。一人で温泉旅行を楽しんでいた警視庁の刑事は、ふとしたきっかけで知り合った女性に誘われて、一緒に露天風呂に入った。しかし、その女性が翌朝、露天風呂で死体となって発見された。容疑をかけられのは、警視庁の刑事だった。知らせを受けた十津川警部はすぐに部下の拘置されている弘前署に向かった。もちろんその刑事は殺害を否認している――。不老不死温泉、繋温泉、秋保温泉、東鳴子温泉、東山温泉。旅情あふれるみちのくの温泉を舞台に、十津川警部の推理が冴える!!