他殺の効用内田康夫のミステリー・ワールド

タグ
シリーズ
  • 新書判246ページ
  • 2004年04月02日発売
  • 価格 922円(税込)
  • ISBN 978-4-408-60265-3
    • 品切重版未定
他殺の効用

内容紹介

珍しいことに、浅見光彦の母の雪江未亡人が、光彦に力になって欲しいという男を紹介した。雪江の友人で、ある会社の専務という男である。その会社の2代目の社長が、仕事場にしているマンションで死体となって発見されたという。警察では自殺として処理しようとしているが、あるいは殺されたのかもしれない。ついては、光彦に真相を解明して欲しいというのだ。兄の刑事局長ではなく、自分が相談を受けたというので、光彦は大張り切り。早速そのマンションに行ってみると……名手の織りなすミステリーの醍醐味がたっぷり味わえる、内田康夫のミステリー・ワールド。