一〇〇歳まで安心して暮らす生活設計60歳以降の生活を「見える化」して、お金と住まいを考える

タグ
シリーズ
  • A5判216ページ
  • 2013年04月11日発売
  • 価格 1,540円(税込)
  • ISBN 978-4-408-59387-6
    • 品切重版未定
オンライン書店で購入する
  • amazon
  • 楽天ブックス
  • 7ネットショッピング
  • honto
  • 紀伊國屋書店
  • e-hon
  • Honya Club
一〇〇歳まで安心して暮らす生活設計

内容紹介

心配のタネを棚卸して、自分らしい老い方を計画しよう。

人生100年時代は特別なことではありません。85歳まで生きた人の平均余命は8年ですから、100歳まで生きることも考えに入れるべきなのです。では、この長ーい老後をどう計画したらよいでしょうか? 著者は老後を3つに区切って生活設計するべきだと提案しています。つまり、まだまだ元気なエンジョイ期(60~75歳)、体力の衰えを感じる円熟期(75~85歳)、そして完成期(85~100歳)の3つです。この3つの時期は、過ごし方もお金のかかる項目も違ってきます。高齢者からの相談業務を数多くしている経験豊富なFPが、「お金と住まい」に焦点を当てて、安心して暮らせる生活設計について提案します。