神の涙

タグ
シリーズ
  • A6(文庫)判512ページ
  • 2020年12月04日発売
  • 本体価格 830円+税
  • ISBN 978-4-408-55635-2
    • 在庫あり
神の涙

内容紹介

アイヌが暮らし、ヒグマが生きる
北海道の大自然を舞台に描く
感涙の新家族小説!!

怒り、逃亡の果てに
アイヌの地で何を見たのか

「読後、無垢な感動に満たされる」唯川恵(解説より)

北海道・屈斜路湖。アイヌの木彫り作家・敬蔵と孫娘・悠の家に、
尾崎雅比古と名乗る若い男が訪ねてきた。男は弟子入りを懇願。
初めは煙たがられていたが、敬蔵から木彫りを教わり、山に入るようになる。
しかし、男には誰にも明かせない過去があった――。

自然を尊んで生きる敬蔵、アイヌから逃げ出したい悠、
自らの原点を探す雅比古。感涙の新家族小説。
解説/唯川恵