相勤者 浅草機動捜査隊

タグ
シリーズ
  • A6(文庫)判400ページ
  • 2020年12月04日発売
  • 本体価格 720円+税
  • ISBN 978-4-408-55621-5
    • 在庫あり
相勤者 浅草機動捜査隊

内容紹介

刑事(デカ)の本懐。
辰見悟郎、生涯最後の事件!
介護ビジネスの裏の顔は――辿り着いた真相とは!?

大好評シリーズ第11弾!

下町ヤクザの三代目が目論む
介護ビジネスの裏の狙いは!?

向島の老舗暴力団で老いた親分の介護をする構成員の赤木と、任用延長で再び現場に戻った刑事・辰見は長年の顔見知りだった。赤木とともに介護を手伝う外国人家政婦から「親分が殺される」との相談を受け、管轄外にもかかわらず独自に捜査を始める。班長の稲田小町も相勤者として調べを進めると、やがて意外な真相が――辰見が挑む生涯最後の事件!

書下ろし