暗闇のリラ

タグ
シリーズ
  • A6判296ページ
  • 2014年02月05日発売
  • 価格 660円(税込)
  • ISBN 978-4-408-55158-6
    • 在庫あり
オンライン書店で購入する
  • amazon
  • 楽天ブックス
  • 7ネットショッピング
  • honto
  • 紀伊國屋書店
  • e-hon
  • Honya Club
暗闇のリラ

内容紹介

「あの子をさらっちまうか。それでさ、二人で誘拐犯になんのな」

「花って、お前、どの花のこと訊いてんの?」
 母さんは、ずいぶん冷たい口調でぼくを見下ろした。
さっきまで泣いていたのか、目の周りが、剥がれた化粧で真っ黒だった。
 本当は母さんの手を引いて、花の前に急いで連れていきたかったのに、
ぼくはぶっきらぼうに答えてしまった。
「あっちに咲いてる花。よくあるのかもしれないけど。こっからでも、見えるでしょ?」
 母さんは、しばらく黙ってから、口元を斜めに歪ませてふふっと笑った。
うれしそうという笑い方ではなくて、目にはまた涙が浮かんでいたようにも見えた。
母さんがそのとき何を考えていたのかはわからないし、もう確かめようもない。
「あれなら、リラっていうんだよ。夏になる前の、こんな寒い時期に咲くのさ」
 まさかその日が母さんとの別れになるとは思ってもいなかった。(本文より)

家族の愛を享けられず、自堕落な日々に溺れ、互いの存在だけを頼りに育った幼馴染み、21歳の香田はるかと20歳の坂本光代。リラ冷えの季節、ふくらんだ借金返済のため二人は、7歳の少女をさらって身代金800万円を要求する誘拐劇を実行に移す……。女性の等身大の愛と性を描いて支持を集める名手が故郷・北海道を舞台に、二十歳の孤独が闇の底で重ねた稚拙な罪、そして赤裸々な性に迫った渾身の長編。
(単行本時のタイトル『リラを揺らす風』を文庫化に際して改題)