脇坂安治 七本鑓と水軍大将

タグ
シリーズ
  • 四六判288ページ
  • 2021年09月21日発売
  • 価格 1,760円(税込)
  • ISBN 978-4-408-53792-4
    • 発売予定
オンライン書店で購入する
  • amazon
  • 楽天ブックス
  • 7ネットショッピング
  • honto
  • 紀伊國屋書店
  • e-hon
  • Honya Club
脇坂安治 七本鑓と水軍大将

内容紹介

十文字鑓で突き破れ!

“賤ヶ岳七本鑓”と呼ばれ、戦国を戦い抜いた猛将の生きざま!
そして関ヶ原の戦い〈裏切り〉の真実とは!?

『九十三歳の関ヶ原』著者の戦国歴史長編!
信長、光秀、秀吉、家康――戦国を渡り歩いた男。

近江国の戦国武将・浅井長政に仕える脇坂甚内安治。
その後、浅井を離れ織田信長の部将・羽柴秀吉のもとで頭角を現す。
本能寺の変を経て、賤ヶ岳の戦いでは敵の首を獲り、“七本鑓”の功名を立てる。
大名となった安治は秀吉から水軍編制を命じられ、小田原攻め、朝鮮の役で奮闘。
そして、一族の命運を分ける関ヶ原の戦いへ――。
戦国時代を豪胆に生きぬいた武将の生きざまを描く歴史長編!

目次

【目次】
序章  老将の回想
第一章 主家滅亡
第二章 貂(てん)の皮
第三章 大返しと仇討ち
第四章 七本鑓
第五章 朝鮮ノ役
第六章 関ヶ原合戦