荒俣宏・高橋克彦の岩手ふしぎ旅

タグ
シリーズ
  • 四六判上製216ページ
  • 2010年06月19日発売
  • 価格 1,980円(税込)
  • ISBN 978-4-408-53573-9
    • 品切重版未定
オンライン書店で購入する
  • amazon
  • 楽天ブックス
  • 7ネットショッピング
  • honto
  • 紀伊國屋書店
  • e-hon
  • Honya Club
荒俣宏・高橋克彦の岩手ふしぎ旅

内容紹介

未知なる岩手、再発見!

博覧強記の博物研究で知られる荒俣宏と、深い郷土愛の作家・高橋克彦が岩手県の各所を実際に歩き、見聞きして、知られざる魅力を再発見して紹介する。度重なる敗北の影に消えてしまった歴史の痕跡を探訪し、隠された東北岩手のスピリチャルな深淵に迫る面白ガイド読みもの。巨石信仰、蝦夷の暮らしぶり、志波城等の城柵のしくみ、坂上田村麻呂への敬愛、義経伝説、中尊寺のミイラ、隠し念仏など、謎の多いテーマに推理のメスを入れ、松園寺、厩川の柵、五百羅漢、樋爪館跡、中尊寺、毛通寺、黒石寺、カッパ淵、丹内山神社、九戸城などの面白さを実見。歴史の真実を見つめ直す。ものの見方を刺激する対談は驚きの発見でいっぱい! 未知なる岩手に出逢える一冊!