主よ、永遠の休息を

タグ
シリーズ
  • 四六判上製340ページ
  • 2010年03月20日発売
  • 価格 1,760円(税込)
  • ISBN 978-4-408-53569-2
    • 品切重版未定
オンライン書店で購入する
  • amazon
  • 楽天ブックス
  • 7ネットショッピング
  • honto
  • 紀伊國屋書店
  • e-hon
  • Honya Club
主よ、永遠の休息を

内容紹介

ほしいのは特ダネじゃない、真実だ――

通信社の東京支社社会部に勤務、池袋警察署の記者クラブに詰める鶴田吉郎。コンビニ強盗現場に居合わせて犯人逮捕をスクープし、店員芳賀桐江と知り合う。逮捕に協力して立ち去った男から、暴力団の事務所が襲撃された事件を知らないか、という奇妙な問い合わせが。襲撃の有無を調べる過程で吉郎は、14年前に起きた女児誘拐殺人事件の「犯行現場と思しき実録映像」がネット上で配信されていたことを突き止める。犯人は殺害を自供したが、精神鑑定によって無罪となっていた……。未解決猟奇事件の「実録映像」はなぜ出現したのか!? 静かな狂気に呑み込まれていく若き事件記者の彷徨、そして驚愕の結末を描く、誉田ミステリーが到達した新たな地平!