いつもそばにいるよ

タグ
シリーズ
  • 四六判上製352ページ
  • 2009年01月21日発売
  • 価格 1,760円(税込)
  • ISBN 978-4-408-53542-5
    • 品切重版未定
いつもそばにいるよ

内容紹介

全てのサラリーマンに問う、家族と企業の物語。

地方の建設会社に勤務していた「僕」は自分の通夜会場に戻って来た。姿は誰にも見えず声も届かない。僕は飛び降り自殺をしたようだが、死の前後の記憶はなかった。その死が過労自殺らしい状況だったため、会社の連中は迷惑顔を隠さない。会社の態度に怒りを覚えた妻は、労災申請裁判にうって出る。一方建設会社側は、僕が手がけていた一般競争入札方式を、旧態依然の談合に戻そうとしていた。僕は、家族を励ましつつ、会社の動きを監視する。幽霊である僕は、どこにでも行けるからだ。過労死裁判の行方はどうなるのか。会社の悪しき体質は改まらないのか。そしてこの世に戻って来た僕のこれからの運命は――。全てのサラリーマンに、生きる証と働くことの意義を問う、家族と企業の物語。