特急ひだ3号殺人事件[新装版]

タグ
シリーズ
  • 新書判216ページ
  • 2010年09月17日発売
  • 価格 922円(税込)
  • ISBN 978-4-408-50524-4
    • 品切重版未定
オンライン書店で購入する
  • amazon
  • 楽天ブックス
  • 7ネットショッピング
  • honto
  • 紀伊國屋書店
  • e-hon
  • Honya Club
特急ひだ3号殺人事件[新装版]

内容紹介

有罪か無罪か!?

警視庁の十津川警部班の女性刑事・北条早苗は、久しぶりに休暇を取って飛騨高山へと一人旅に出た。しかし、特急「ひだ3号」の車内で隣り合わせた男が毒殺される事件が起きた。早苗の証言によって、車内で男と話していた女が岐阜県警に逮捕される。だが、早苗にはその女が犯人だとは思えない。十津川たちが、東京に住む容疑者の身辺を調べるうちに、彼女は不可解な遺書を残して、拘留中に自殺してしまった。女はやはり犯人だったのか!? トラベル・ミステリーの巨匠による充実の短編集。表題作のほか「特急あいづ殺人事件」「信濃の死」「殺意を運ぶあじさい電車」の4編を収録。