明日香の皇子 新装版

タグ
シリーズ
  • 新書判296ページ
  • 2008年09月19日発売
  • 価格 901円(税込)
  • ISBN 978-4-408-50498-8
    • 品切重版未定
明日香の皇子 新装版

内容紹介

内田康夫ワールドの原点

大東広告社員で24歳になる村久の恋人・恵津子が失踪した。恵津子の伝言を預かっていると語る男に呼び出されるが、男は村久の眼前で殺される。「アスカノミコ」という言葉を遺した被害者は、村久が担当する大取引先企業・エイブルックタイヤの社員だった。謎めいた言葉の意味を解く手がかりを求め、奈良の古都・飛鳥へと向かう村久の周囲で、得体のしれない「敵」の影が蠢きだす。失踪直前、恵津子が村久に託した一枚の絵が秘めた事件の真相とは…!? 内田康夫ワールドの原点がここにある。推理とロマンが渾然一体となった、壮大なミステリー!