静岡「地理・地名・地図」の謎意外と知らない静岡県の歴史を読み解く!

タグ
シリーズ
  • 新書判196ページ
  • 2014年09月04日発売
  • 価格 880円(税込)
  • ISBN 978-4-408-45518-1
    • 在庫あり
オンライン書店で購入する
  • amazon
  • 楽天ブックス
  • 7ネットショッピング
  • honto
  • 紀伊國屋書店
  • e-hon
  • Honya Club
静岡「地理・地名・地図」の謎

内容紹介

こんなにおもしろかったのか! 静岡県を再発見

「富士山の頂上はいったい何県?」
「月まで3キロの場所がある!」
「『新幹線』という名前の土地がある」
「『地名』という名の地名がある!?」
「美人がいない!? 『美人ヶ谷』」
「『修善寺』と『修禅寺』があるのはなぜ?」
「かぐや姫が帰ったのは月ではなく富士山だった!?」
「県境を綱引きで決めている場所がある!」
「徳川家康の墓は静岡県にあった!?」

…など静岡県の地理や地名、地図に隠された意外なエピソード、おもしろ話を紹介。静岡県のことがもっと好きになる、雑学ネタ満載の本。

目次

第一章 静岡県は「おもしろ地名」の宝庫だった
第二章 「地理」から見る静岡県
第三章 静岡県の知られざる歴史
第四章 富士山から見る静岡県
第五章 静岡県のさまざまな不思議