愛知「地理・地名・地図」の謎意外と知らない愛知県の歴史を読み解く!

タグ
シリーズ
  • 新書判192ページ
  • 2014年07月03日発売
  • 価格 880円(税込)
  • ISBN 978-4-408-45508-2
    • 在庫あり
オンライン書店で購入する
  • amazon
  • 楽天ブックス
  • 7ネットショッピング
  • honto
  • 紀伊國屋書店
  • e-hon
  • Honya Club
愛知「地理・地名・地図」の謎

内容紹介

なんとビックリ!
愛知県には世界最古の海水浴場がある!?

「中部なのか? 東海なのか? 中京なのか? 紛らわしい愛知県の地域分類」
「名鉄名古屋本線にある駅名『前後』は、いったい何の前後なのか?」
「どっちがほんと!? 『桶狭間の戦い』の史跡はなぜ2ヵ所もあるのか?」
「三河と尾張で戦国時代の城郭が異なるワケ」
「常滑市には、なんと世界最古の海水浴場がある!?」
「川もない場所にかかる橋!? 『裁断橋』の今昔物語」
「名古屋城に隠されていた殿様専用の脱出路とは?」
「かつて愛知県には琵琶湖の6倍にもなる巨大な湖があった!」

……など、愛知県の地理や地名、地図に隠された、意外な歴史のエピソードを紹介。観光するだけではわからない、尾張人も三河人も楽しめる知的ガイドブック!

目次

第1章 眺めていると疑問が湧き出す地図の謎
第2章 名前を見れば土地がわかる! 地名の意外な由来
第3章 古今にまたがる道路と鉄道の不思議
第4章 土地の成り立ちがわかる歴史「裏」ミステリー
第5章 なぜそこにそんなものが? 愛知「珍名所」案内
第6章 地理・地形から読み解く尾張と三河の違い