手軽でおいしい熟成レシピ 都市型保存食のすすめ

タグ
シリーズ
  • A5判112ページ
  • 2013年03月28日発売
  • 価格 1,540円(税込)
  • ISBN 978-4-408-45432-0
    • 品切重版未定
オンライン書店で購入する
  • amazon
  • 楽天ブックス
  • 7ネットショッピング
  • honto
  • 紀伊國屋書店
  • e-hon
  • Honya Club
手軽でおいしい熟成レシピ 都市型保存食のすすめ

内容紹介

手軽に作れて使って便利

味噌、梅干し、梅酒、麹醤油など、常備菜としても使える保存食。「保存食」と聞くと、おばあちゃんの手作り、手間暇かけてじっくりと……というイメージがあります。忙しい都市生活者には、やりたくてもそんな暇はない! とあきらめている人がほとんどではないでしょうか。でも今、話題の50℃洗いや低温スチーミングといったワザを使って下拵えでの工夫をしたり、調理工程を圧縮したりすることで、今風の保存食を作ることはできるのです。

「これでいいの??」「これでもいいんだ」
繰り返し作ることで、真のコツを自分なりにつかんでいきます。そのためにも手抜き(要領よく)でもいいから、まずは保存食を作ってみましょう。いざという時のサバイバル術のひとつでもある保存食。今まで買うものだと思っていた味噌や梅干し、甘酢らっきょうなどを自分で作れるなんて、かっこよくないですか? 「発酵」や「塩蔵」「乾燥」という保存の技で、食材をていねいに使い、無駄なく頂いている知恵には、科学を超えたテクノロジーが残っています。本書ではそんな保存食を、現代人の好む食材、レシピに活用できるようにアレンジして、調味料の作り方、献立のレシピを紹介します。