だれでもわかる 最新・素粒子の世界

タグ
シリーズ
  • 新書判208ページ
  • 2012年11月08日発売
  • 価格 838円(税込)
  • ISBN 978-4-408-45411-5
    • 品切重版未定
オンライン書店で購入する
  • amazon
  • 楽天ブックス
  • 7ネットショッピング
  • honto
  • 紀伊國屋書店
  • e-hon
  • Honya Club
だれでもわかる 最新・素粒子の世界

内容紹介

新たな時代を迎えた素粒子物理学がやさしくわかる!

「神の素粒子」とも呼ばれる「ヒッグス粒子」がついに発見されました。でも「これは何だ」と問われても、ほとんどの方々には何が何だかわからないはずです。まず「素粒子」自体が非常になじみが薄いでしょう。世界最大の「加速器」の完成がこの粒子の検出には不可欠でした。素粒子物理学では、より小さなものを見るためにはより大きなエネルギーが必要になるのです。
一気に歴史の針が進む「素粒子研究」の世界。本書では、素粒子物理学の魅力を素粒子の入門から始めて、日本人物理学者の貢献などを大幅に盛り込んで、できる限りわかりやすく解説します。