新装版 やる気スイッチが入る! アインシュタイン式 子どもの論理脳ドリル

タグ
シリーズ
  • B5判128ページ
  • 2021年11月08日発売
  • 価格 1,210円(税込)
  • ISBN 978-4-408-42113-1
    • 発売予定
オンライン書店で購入する
  • amazon
  • 楽天ブックス
  • 7ネットショッピング
  • honto
  • 紀伊國屋書店
  • e-hon
  • Honya Club
新装版 やる気スイッチが入る! アインシュタイン式 子どもの論理脳ドリル

内容紹介

小学1年生〜6年生向け
親子で取り組めば5歳から楽しめる!

「アインシュタイン式論理脳ドリル」とは、アルベルト・アインシュタイン博士が考案した「世界の98パーセントの人が解けないだろう」と豪語した問題をベースに作られた論理的思考を鍛えるブレイン・パズル。
イラスト満載で、親子で楽しみながら“頭を整理する力”が身につけられ、学校のお勉強もできてしまう、一石二鳥の一冊です。

「教えるということは、こちらが差し出したものがつらい義務ではなく、貴重な贈り物だと感じられるようなことであるべきだ」-アルベルト・アインシュタイン

夢中になるときと、なれないときの分岐点はなんでしょうか?

それは“やる気スイッチ”が入るかどうかです。やる気スイッチさえ入ってしまえば、放っておいても充実した時間を過ごすことができるのです。
それならば、お子さんが勉強をするとき、やる気スイッチをONにしたいですよね。

そこで問題になるのが、そのスイッチの入れ方です。それは、上記のアインシュタイン博士の言葉にヒントが隠されています。素敵なプレゼントをもらったとき、人間はどんな気持ちになるでしょうか?うれしい、楽しいなどの感情がわいてくるはずです。 それと同じ感覚は、たとえ偶然だとしても、解答を導き出せて、なおかつそれを褒められたときにも得られます。

やる気スイッチが入るまでは、30点のテストでも、不正解だった70点の部分は目をつぶり、正解だった30点のところだけを見てあげるといいでしょう。勉強=褒められるという認識となれば、勉強に対するやる気スイッチがきっと入るはずです。

本書がお子さんにとっての『貴重な贈り物』のひとつになり、やる気スイッチを入れる手助けになってくれれば幸いです。

「はじめに」より