心が豊かになる 日本の美しい言葉の由来

タグ
シリーズ
  • A5判232ページ
  • 2021年05月13日発売
  • 価格 1,760円(税込)
  • ISBN 978-4-408-42104-9
    • 発売予定
心が豊かになる 日本の美しい言葉の由来

内容紹介

言葉の由来を知ると、何気ない一語が輝きだす

私たちがいま話している日本語は、どんなにありふれた単語でも、かつて誰かが生み出し、いまに至るまで使い続けられてきたもの。つまり、由来を持っています。
たとえば「住む」とは、心が<澄む>状態で過ごせること。
「前」の「ま」は<目>、「え」は<方向>。自分の目が見据えている先が「前」なのです。
由来をひもといて出会えるのは、先人たちの優しさ、知恵、ユーモア……。
雅な言葉だけが“美しい日本語”ではありません。
いつも話しているふつうの言葉を見つめ直してみませんか。

目次

[目次]
一章 ちいさな発見 世界を見る目が変わる
二章 ご先祖さまが感じたこと 古の感覚に触れる
三章 口楽しく耳喜ぶ 発音と語感を楽しむ
四章 大和言葉の哲学 人生の気づきを得る
五章 にほんご人間模様 言葉を心の建材にする
コラム 挨拶の言葉①「いただきます」と「ごちそうさま」
コラム 挨拶の言葉②「行ってきます」と「行ってらっしゃい」
コラム 挨拶の言葉③「すみません」と「ごめんなさい」