エデンの処女(1)

タグ
シリーズ
  • B6判162ページ
  • 2017年11月17日発売
  • 価格 748円(税込)
  • ISBN 978-4-408-41480-5
  • 在庫あり
オンライン書店で購入する
  • amazon
  • 楽天ブックス
  • 7ネットショッピング
  • ビーケーワン
  • 紀伊國屋書店
店頭在庫を確認する
電子書店で購入する
電子書籍での提供は現在ありません
エデンの処女(1)

内容紹介

秘密の花園で繰り広げられる、愛憎渦巻く新時代のラブストーリー!

人類は、女性だけになりました。

はるかな未来、女性のみとなった世界。
純野小羽(すみの・こはね)は、美しい庭園があると噂される白咲耶学園に入学する。
可憐に花が咲き乱れ、蝶が舞うこの庭園は、まるで楽園のよう。
秘密の花園で出会った少女たち同士で繰り広げられる、
愛憎渦巻く新時代のラブストーリー!

名門・白咲耶学園には
「中庭にある二本の木の下で花を贈り合う二人は、永遠に結ばれる」
という伝説があった。

その言い伝えに憧れる新入生の小羽は、さっそく中庭を訪れる。
園芸部の「部長代理」という花束烈火(はなつか・れっか)は小羽を歓迎し、
花冠をかぶせてくれた。

だが、そこが「伝説の二本の木の下」であったためか、
二年生の藍宮葵(あいみや・あおい)は激高し、小羽への敵意を隠さない。

「キレイなものが好き」と中庭へ通い続ける小羽だが、
葵はそんな彼女に思わぬ行動に出て...?

ここは本当に楽園なのか、それとも絶望の園(ディストピア)なのか?

遠い過去、生殖細胞を破壊するウイルスが流行し、
この世界ではもはや、男性が誕生することはない。
そして舞台はその世界の、閉ざされた学園の中庭。
この「檻の中の檻」で、少女たちが夢見る本当の願いとは?

時に美しく咲き、時に無残に散る、少女たちの儚い想い。

豪華絢爛、新世代の恋愛奇譚、華麗なる第1章!
収録:第1話ー第7話/設定資料集/おまけ4コマ/あとがき他