光とインテリアで整う 最高のテレワーク空間

タグ
シリーズ
  • 四六判264ページ
  • 2021年10月04日発売
  • 価格 1,650円(税込)
  • ISBN 978-4-408-33979-5
    • 発売予定
オンライン書店で購入する
  • amazon
  • 楽天ブックス
  • 7ネットショッピング
  • honto
  • 紀伊國屋書店
  • e-hon
  • Honya Club
最高のテレワーク空間

内容紹介

「最高のテレワーク空間」をつくるにはルールがあります!

「テレワークになって、なんか身体の調子が悪い」

「うちは狭いからテレワークに不向き」

「テレワークではONとOFFのメリハリがうまくいかない」

  一度でもそう感じたことのある方は必見です!

本書ではインテリアデコレーターで、
医学系大学院で公衆衛生を学ぶ著者が、
「インテリア×健康学」の視点で
最高のテレワーク空間をつくるための
25のルールを解説します!

#Rule1 光過敏には低照度&低色温度の光が◎
#Rule2 コントラストより、グラデーション
#Rule3 チカチカする柄は避けること
#Rule4 テレワーク空間はカフェがお手本!
#Rule5 目の疲れには、周囲の明るさをチェックする
#Rule6 光は自分以外に向ける
#Rule7 顔色アップは、照明だけに頼らない
#Rule8 リモートライトとはHealthy distance を保つ
#Rule9 照明は天井になくてもOK
#Rule10 ひとつの空間では、光の色を統一する
etc……

【内容紹介】
1章 最高のテレワーク空間をつくる #Rule25


2章 光とインテリア、そして健康の深い関係性
 インテリア(Interior)× 公衆衛生(Public Health)=健康の方程式
環境から〝整う〞メリット
「アクティブ・ケア」誕生のきっかけは〝光〞だった
テレワーク環境とインテリア


3章 「カラダとココロ」が喜ぶ光とは
テレワーク空間はカフェがお手本!
作業に必要な明るさ(ルクス)とは?
色には温度がある
光は自分以外に向ける
リモートライトの使い方


4章 ちょっとの工夫&テクニックで光を味方に!
間接照明はメリットがたくさん
簡単、しのばせテクで照明を楽しむ
不快なグレアの正体
サーカディアンリズムで一日の生活にメリハリを
光で心身を整える「4・4・2」の法則


5章 光以外でも! テレワーク空間のインテリア方程式
NEAT(非運動性熱産生)を増やそう
健康優良物件は「駅遠」「坂道」「階段あり」
机と椅子の正しい関係「差尺」とは?
心地良い関係をつくる「90度」の魔法
コミュニケーションとインテリア


6章 知っておきたい空間デザインメソッド
リラックス空間をつくる「不揃いの美」
カラーと省エネの関係
マインド効果で健康に
メリハリと同化の法則