「買収起業」完全マニュアルベンチャー立上げリスクを回避する「新・起業法」

タグ
シリーズ
  • 四六判上製368ページ
  • 2021年04月30日発売
  • 価格 2,200円(税込)
  • ISBN 978-4-408-33976-4
    • 発売予定
「買収起業」完全マニュアル

内容紹介

あなたは「リッチ」か、それとも「キング」か?

【監修者・神田昌典氏からのメッセージ】
●あなたは「リッチ」か、それとも「キング」か?

ベンチャーの創業者には、2つのタイプがある。
ハーバードビジネススクールのノーム・ワッサーマン教授によれば、「リッチ」と「キング」だ。
リッチとは、外部から資本を調達し、自らの経営コントロールは手放し、富の最大化を目指すタイプ。上場を目指すベンチャー経営者は、リッチである。
キングとは、富の最大化よりも、自らの事業に対する経営コントロールを維持し続けるタイプ。地域や分野の雄を目指すオーナー経営者は、キングである。

今、あなたがベンチャーを創業するとしたら、リッチvsキングの、どちらを目指すだろうか?

もし、あなたが「富もコントロールも、どちらも欲しい」という野心家なら、本書の翻訳を待った甲斐がある。なぜなら本書は、まさに、その第3の道 ― 「買収起業家」になるために必要な全プロセスを公開する、稀有な実務書であるからだ。

このように本書では、買収前の候補先選定から、交渉プロセス、買収後の統合戦略に至るまでの、全ノウハウが凝縮され解説されている。

「米国のノウハウだから、日本に応用する際には、だいぶ勝手が違うのでは?」と訝しんだが、実際に読みはじめると、不安は一掃された。「買収後の初日は、経営者は率先して、会社を既存社員たちと掃除をすることからはじめるべき」などの、日本と共通する経営ヒントに溢れているので、頁をめくりはじめれば、あたかも企業買収の現場にいるかのような臨場感とともに、一気に読めてしまうだろう。

神田昌典、ヒューレックス株式会社、事業承継推進機構株式会社日本語版監修。