失われた川を歩く 東京「暗渠」散歩 改訂版

タグ
シリーズ
  • A5判240ページ
  • 2021年02月01日発売
  • 本体価格 2400円+税
  • ISBN 978-4-408-33965-8
    • 発売予定
東京「暗渠」散歩 改訂版

内容紹介

かつての川の痕跡は、きっと、そぐそこにある。

かつて、東京には無数の水路があった。
どの谷筋にも河川が流れ、尾根筋には用水路が開削されていた。
人や田畑を潤したそれはまさに都市の静脈と動脈だった。
現在、水路のほとんどは蓋がされ、あるいは埋め立てられている。

都市は鉄道や道路で把握されるが、
大地の高低が支配する水のネットワークは、それとはまったく異なる位相をとる。
現代の感覚とは違う歴史と地形が見えてくる。

そんな、かつての東京の水路(現在はほぼ暗渠)を網羅した本書は、
著者たちが丹念に調べた地図と現地のレポートを多数掲載。
90cm×60cmの大判「都心暗渠地図」「広域暗渠地図」つき。
かつての川の痕跡は、きっと、そぐそこにある。

●本文執筆
本田創・黒沢永紀・髙山英男・樽永・福田伸之・三土たつお・吉村生

目次

【目次】
東京の暗渠   かつての川がたどってきた歴史とそこを探索する意味
暗渠探索のポイント

[Ⅰ]渋谷川支流の暗渠
1  渋谷川(上流域)
2  玉川上水原宿村分水
3  河骨川
4  宇田川初台支流(初台川)
5  宇田川
6  いもり川
7  笄川
白金台に刻まれた歴史 白金分水・玉名川・白金三光町支流を歩く

[Ⅱ]神田川支流の暗渠
1  桃園川
2  井草川
3  江古田川(上流域)
4  弦巻川
5  水窪川
6  蟹川
7  紅葉川
8  谷端川・小石川
本郷台地に刻まれた趣のある道 歴史が凝縮された東大下水菊坂支流をたどる
江戸から昭和までの面影が交錯する 神田川笹塚支流(和泉川 時代の重なりを味わう
住宅街を流れた「幻の川」 存在わずか数十年 善福寺川支流・松庵川

[Ⅲ]目黒川支流の暗渠
1  北沢川
2  空川
3  蛇崩川
4  谷戸前川
5  羅漢寺川
源流をたずねて烏山川をさかのぼる

[Ⅳ]呑川支流の暗渠
1  呑川(上流域)
2  九品仏川
3  駒沢支流・洗足流れ

[Ⅴ]石神井川支流の暗渠
1  貫井川
2  エンガ堀
3  田柄川
4  谷田川・藍染川

[Ⅵ]上水・用水の暗渠
1  玉川上水(暗渠区間)
2  千川上水
3  品川用水
4  三田用水
新宿御苑付近に眠る江戸の歴史玉川上水余水吐 遺構の宝庫をめぐる
Eボートで潜入!外堀通り下の暗渠 水道橋分水路を行く