妙な線路大研究 東京篇

タグ
シリーズ
  • 新書判192ページ
  • 2020年11月30日発売
  • 価格 1,100円(税込)
  • ISBN 978-4-408-33956-6
    • 在庫あり
オンライン書店で購入する
  • amazon
  • 楽天ブックス
  • 7ネットショッピング
  • honto
  • 紀伊國屋書店
  • e-hon
  • Honya Club
妙な線路大研究 東京篇

内容紹介

当たり前すぎて気にもしない、
電車の通り道には複雑な歴史が眠っている。

毎日利用してる鉄道路線の「そこが、そのようにカーブしている」のにも理由があった!
当たり前すぎて気にもしない、電車の通り道には複雑な歴史が眠っている。
立ち止まって掘り下げた33の謎を、わかりやすい地図とともに解説。

目次

【第一章】JRの変な線路
なぜ山手線の線形は縦長なのか?
なぜ山手線の田端〜池袋間はM字なのか?
なぜ上野〜王子の線路脇は断崖絶壁なのか?
なぜ最初の駅が汐留に建設されたのか?
なぜ品川駅の南に北品川駅があるのか?
なぜ東中野〜立川の中央線はまっすぐなのか?
なぜ都心の中央線はS字をしているのか?
なぜ飯田橋駅ホームは移設の必要があったのか?
なぜ御茶ノ水駅で中央線と総武線が分かれるのか?
なぜ総武線は「く」の字を描いているのか?
東京駅の貴賓室はどこにつながっているのか?

【第二章】地下鉄の気になる線路
なぜ青山通りを銀座線と半蔵門線が並走するのか?
なぜ丸ノ内線はしばしば地上に顔を出すのか?
なぜ荒川を通る地下鉄はすべて地上に出るのか?
なぜ日比谷線はキーキー派手に音を立てるのか?
なぜ丸ノ内線は国会議事堂の敷地を走るのか?
なぜ巣鴨駅の北にあるのに西巣鴨駅なのか?
なぜ地下鉄のエスカレーターは長いのか?
大江戸線で味わう不思議な感覚の秘密
なぜ大江戸線は環状運転しないのか?
なぜ千代田線にひと駅だけの線があるのか?

【第三章】私鉄の怪しい線路
なぜ山手線に接続する私鉄線は急カーブなのか?
なぜ東武と京成の都心の線形はY字なのか?
なぜ東武線は荒川堤防ギリギリを通っているのか?
東武大師線は参詣目的の鉄道ではなかった!?
なぜ品川・大田区内の東急線は錯綜しているのか?
なぜ小田急代々木八幡駅は急カーブなのか?
なぜ井の頭線は渋谷からすぐトンネルに入るのか?
なぜ井の頭線は明大前だけ南北方向を走るのか?
なぜ東急田園都市線は玉川通りを通るのか?
なぜ京王は支線の高尾線を建設したのか?
なぜ西武多摩川線は孤高の存在なのか?
なぜ鉄道工事現場から大量の人骨が出土したのか?