歴代天皇知れば知るほど

  • 所功 監修 (トコロイサオ)
タグ
シリーズ
  • 新書判320ページ
  • 2014年12月18日発売
  • 価格 968円(税込)
  • ISBN 978-4-408-33314-4
    • 在庫あり
オンライン書店で購入する
  • amazon
  • 楽天ブックス
  • 7ネットショッピング
  • honto
  • 紀伊國屋書店
  • e-hon
  • Honya Club
歴代天皇知れば知るほど

内容紹介

古代から激動の近代まで 天皇日本史の決定版

歴代天皇の歩みを振り返ると、各時代の動向が如実に投影されている。神武天皇から今上天皇までの天皇を網羅しながら、歴史上重要な役割を果たした天皇については、エピソードなども紹介。各種の系図で天皇家と豪族などとの関係をでわかりやすく解説。

目次

第1章 大和時代の天皇 記紀神話から古代王権の成立へ
神武天皇 記紀が伝える初代天皇の東征伝説
崇神天皇 大和朝廷の軍事的統一国家体制を整備
景行天皇 皇子の日本武尊に命じて熊襲・蝦夷を討伐

第2章 飛鳥・奈良時代の天皇 天皇制度の確立から皇親政治へ
推古天皇 聖徳太子を摂政に抜擢した日本初の女帝
天智天皇 白村江の戦い後、近江大津宮で改革を断行
天武天皇 天皇中心の律令集権国家を形成
持統天皇 嫡孫の即位まで女帝として藤原京を造営
聖武天皇 大仏建立など天平文化の盛期を現出

第3章 平安時代の天皇 天皇親政から摂関・院政へ
桓武天皇 平安遷都して律令国家を再建
宇多天皇 「阿衡の紛議」の試練に耐え、「寛平の治」を実現
醍醐天皇 父帝の遺訓を守り、「延喜の治」を現出
白河天皇 半世紀にわたり院政を独占した「治天の君」

第4章 鎌倉・南北朝時代の天皇 武家との対立と皇統の分裂
後鳥羽天皇 承久の乱に敗れて隠岐へ配流
後醍醐天皇 鎌倉幕府を倒して「建武の中興」を実現

第5章 室町・戦国時代の天皇 朝廷の権威と戦国武将たち
後小松天皇 南朝から神器を受け継ぎ両統合一
正親町天皇 天皇の権威を活用し、織田信長と対峙

第6章 江戸時代の天皇 朝幕関係の複雑な変化
後水尾天皇 幕府に抗して幼少の皇女に譲位
霊元天皇 朝儀を研究し、その復興に尽力
孝明天皇 攘夷と公武合体を唱えて幕末の危機に対処

第7章 東京時代の天皇 立憲君主から象徴天皇
明治天皇 近代的な「大日本帝国」を実現
大正天皇 病弱ながら国民に親しまれ、漢詩に秀でる
昭和天皇 戦前・戦後も「立憲君主」を貫き、長寿を保つ
今上天皇 「象徴天皇」を体現して全国民から慕われる


【お詫びと訂正】
じっぴコンパクト新書「歴代天皇知れば知るほど」
において下記の誤りがございました。

■61ページ4行目
「また、允恭天皇も」は正しくは「また、安康天皇も」

■139ページ6行目
「皇太子には仁明天皇の」は正しくは「皇太子には淳和天皇の」

に訂正させていただくとともに、読者の皆様に深くお詫び申し上げます。

実業之日本社学芸出版部