写実画のすごい世界限りなく「本物」な女性たち

タグ
シリーズ
  • B5判変型192ページ
  • 2013年05月29日発売
  • 価格 2,090円(税込)
  • ISBN 978-4-408-33300-7
    • 在庫あり
オンライン書店で購入する
  • amazon
  • 楽天ブックス
  • 7ネットショッピング
  • honto
  • 紀伊國屋書店
  • e-hon
  • Honya Club
写実画のすごい世界

内容紹介

奇跡のリアリズムがここにある。

現在の写実画人気を牽引している女性像、それも裸婦を中心に据えた現代絵画集。巨匠と呼ばれる森本草介、野田弘志、小川泰弘、五味文彦から島村信之、生島浩、小尾修、原祟浩、石黒賢一郎など気鋭、そして中島健太、廣戸絵美、藤田貴也、加藤裕生等の新世代まで現在考えうる最高の写実画家たちを網羅。その画家たちの作品を「凄腕」「迫真」「熱情」「現在アートとの邂逅」「新世代」の各章に分けて紹介する。また、画家ごとに「女神の肌」「気配」「空想写実」などのキャッチコピーと解説をつけ、観賞の手引としている。また、「写真と写実画の違い」「凄腕写実画家のアトリエを拝見」「サプライズがつなぐ日本写実画の系譜」「写実画はここに行けば見られる」などのお役立ちコラムも。写真を超える超リアリズムが女性の美に、そしてモノの本質に迫る奇跡の画集!!