子どもたちはなぜ、9歳で成長が止まるのか日本の「男性社会」が子どもをダメにした!?

タグ
シリーズ
  • 四六判上製260ページ
  • 2004年09月09日発売
  • 価格 1,650円(税込)
  • ISBN 978-4-408-32243-8
    • 品切重版未定
オンライン書店で購入する
  • amazon
  • 楽天ブックス
  • 7ネットショッピング
  • honto
  • 紀伊國屋書店
  • e-hon
  • Honya Club
子どもたちはなぜ、9歳で成長が止まるのか

内容紹介

子どもたちの犯罪、親による虐待事件が後を絶たない。今、日本の社会で何が起きているというのか!? 心理カウンセラーとして、多くの患者、家族、子どもたちと向き合ってきた著者は、すべての問題は、日本の「男性社会」「子育て」に帰結すると指摘。著者が行なった描画心理テストによれば、最近の小学生の心の成長は9歳で停止する傾向がうかがえるという。それは「9歳レベル」の大人が増えているということでもある。家の存在感が希薄になる一方で、攻撃的な絵を描く子どもも急増している。では、どうすれば、子どもたちを救出できるのか。家族を立て直すことができるのか。著者は根本的な解決策をいくつか提言する。