福島「地理・地名・地図」の謎意外と知らない福島県の歴史を読み解く!

タグ
シリーズ
  • 新書判200ページ
  • 2015年01月06日発売
  • 価格 880円(税込)
  • ISBN 978-4-408-11116-2
    • 在庫あり
オンライン書店で購入する
  • amazon
  • 楽天ブックス
  • 7ネットショッピング
  • honto
  • 紀伊國屋書店
  • e-hon
  • Honya Club
福島「地理・地名・地図」の謎

内容紹介

明治19年まで、福島県は今より大きかった!?
地理・地名・地図から氷解する福島県の街・産業・歴史

もう一人の伊達政宗が福島にいて、喜多方ラーメンは最初は細麺で、いわき市には奇岩がたくさんあって…!?

山形・新潟県境に挟まれた、幅1m、長さ7.5kmの福島県部分はなんのため?
鶴ヶ城は競輪場の跡!?
猪苗代湖 冬の氷の芸術の秘密
『半田づけ』の由来は福島?
アクアマリンふくしまの偉業とは
汗かき地蔵とあんこ地蔵
みしらず柿は食用じゃなかった

…などなど、福島県の地理や歴史、地図に隠された意外なエピソードの数々。知れば知るほど福島県のことが好きになる!

目次

第1章 特有の気候・地理・地理が生み出す不思議
第2章 近現代の福島県の政治と産業
第3章 神話の時代にまで遡る地名の由来
第4章 これってホント? 福島の不思議
第5章 福島県を代表する名物・名産・観光スポット
第6章 歴史伝承