なぜあの会社は安売りせずに利益を上げ続けているのか

タグ
シリーズ
  • 四六判200ページ
  • 2013年03月28日発売
  • 価格 1,540円(税込)
  • ISBN 978-4-408-10987-9
    • 在庫あり
オンライン書店で購入する
  • amazon
  • 楽天ブックス
  • 7ネットショッピング
  • honto
  • 紀伊國屋書店
  • e-hon
  • Honya Club
なぜあの会社は安売りせずに利益を上げ続けているのか

内容紹介

お金をかけずにできる販促のコツたっぷり。

【人気マーケターが教える、お金をかけずにできる販促のコツ!】
カギは、どんなに小さな会社(お店)も持っている「見えない資産」。この資産を使えば、大丈夫、売り込まなくても売れていきます。キーワードは「プロとしてのお役立ち情報」「お客さまのアドバイザーとしての視点」です。

【会社・お店の繁盛に!さらに地域活性化にも役立つ!】
大手メーカーの売上アップから、シャッター通り商店街にある小さなお店の繁盛まで、業種・業態・規模を問わずに活用できるノウハウです。さらに全国的には無名だった温泉地を活性化した実績もあります。

【すぐに真似できる豊富な事例&カラー口絵!】
冒頭には8ページのカラー口絵。販促の考え方・ノウハウだけでなく、すぐにマネできるPOP、チラシ、ホームページ、カタログなどの事例が満載です。

【実践した結果、こんな驚きの声が!】
「設備投資も人員増もなしで、ゼロから170万円を売り上げました!」(新潟県・松之山温泉「まんま」)
「“服選びのコツ”を書いた1枚のPOPで、婦人服が飛ぶように売れました」(岐阜県・洋装店)
「小売店の集客と繁盛をサポート。“お客さまの悩みを解決”することで、右肩上がりの成長を続けています」(神戸市・食品メーカー)

【身近で、実践的な項目でわかりやすい!】
売上を伸ばし続ける町の酒屋さんの秘密
「知らなかった!」というお客さまの声にヒントがある
どの会社も持っている売り込まずに売れていく「2つの力」
「○○アドバイザー」なら売り込まなくても売れていく
カブトムシ捕り、老人会、温泉祭り……3つの共通点は?
どんな小さなお店も「見えない資産」を持っている!
お客さまが欲しいのは服ではなく、痩せて見えるノウハウ
プロとしての「見えない資産」に価値がある
営業部ではなく繁盛部で大成功した「珍味を売らない、珍味メーカー」
長期間の問い合わせにつながった「絶対に捨てられない」布団屋さんのチラシ
「お客さまのほうから注文したくなる」設計事務所の小冊子
まったく無名の温泉地が驚きの集客