病気の原因は「眠り」にあった心身がよみがえる熟睡のヒント

タグ
シリーズ
  • 四六判224ページ
  • 2012年11月30日発売
  • 価格 1,540円(税込)
  • ISBN 978-4-408-10963-3
    • 品切重版未定
オンライン書店で購入する
  • amazon
  • 楽天ブックス
  • 7ネットショッピング
  • honto
  • 紀伊國屋書店
  • e-hon
  • Honya Club
病気の原因は「眠り」にあった

内容紹介

それでもあなたは睡眠をおろそかにしますか?

健康と言うと、食事と運動に気をつけている人がほとんどだろう。しかし、食事や運動と同様に日々行なっている行為にもかかわらず、眠ることに関しては、あまりにもおろそかにされすぎているのではないか。私たち人間は、一生のうちの約3分の1は眠っている。人生を80年とすると、26~27年間は眠っている計算になるのである。それなのに眠ることに関しては、「眠くなったから寝る」「夜になったから眠る」といった感覚の人がほとんどで、またいくら体が眠いと訴えても、カフェイン入りの栄養ドリンクなどを飲み、仕事や遊びを理由に睡眠時間を削ってしまっているのではないだろうか。そのような行動がどんなに自身の健康を脅かしているかも知らずに……。
従来の睡眠に関する書籍では「快適な睡眠」をテーマにした健康本がほとんどだが、本書は本来、休息状況である眠りが万病の元になっていることを警告する。眠りとさまざまな病気の関係、生活習慣病や心の問題まで踏み込み、健康を取り戻す質のよい眠りの方法を紹介する。

睡眠不足・睡眠過多でも死亡リスクの危険度はアップする!
肥満の原因は睡眠不足
深夜勤務の習慣があると、がんになりやすくなる!?
心筋梗塞や脳卒中の死亡者が月曜日に増える理由
高血圧に悩む人の40%は不眠にも悩んでいる
間違った睡眠習慣がうつ病を招く!?
睡眠で血糖値が低下できる!?
睡眠時無呼吸症候群は万病の源