教科書よりわかりやすく面白い!古代史 闇に隠された15の「謎」を解く!

タグ
シリーズ
  • 新書判208ページ
  • 2011年12月17日発売
  • 価格 838円(税込)
  • ISBN 978-4-408-10922-0
    • 品切重版未定
オンライン書店で購入する
  • amazon
  • 楽天ブックス
  • 7ネットショッピング
  • honto
  • 紀伊國屋書店
  • e-hon
  • Honya Club
教科書よりわかりやすく面白い!古代史 闇に隠された15の「謎」を解く!

内容紹介

何が「定説」で何が『謎』なのか?

古代史には、まだはっきり解明されていない『謎』が多い。そのため、一応の「定説」はあるものの、その後の研究や学究的な考察から新説・奇説・珍説が生まれる。では、問題とされる古代史の『謎』とはいかなるものか? 本書では、いまだ闇に隠された古代史の大きな謎を15取り上げ、気鋭のストーリーテラーがわかりやすく、スリリングに解説する!

われわれ日本人はどこから来たのか?
渡来人が日本にもらたしたものとは何か?
邪馬台国はどこにあったのか?
ヤマト政権はいつどうやって誕生したのか?
記紀に隠された皇位継承の謎とは?
聖徳太子は実存したのか?
大化の改新の真の首謀者は誰なのか?

…など、本書を一読すれば、あなたも悠久の日本史のロマンに触れられると同時に、“古代史通”になれる!