ライダースクラブ2021年10月号

タグ
シリーズ
  • A4判変型
  • 2021年08月27日発売
  • 価格 990円(税込)
  • 雑誌コード19315-1000-21
  • 公式サイト ライダースクラブ
  • 在庫あり
電子書店で購入する
電子書籍での提供は現在ありません
ライダースクラブ2021年10月号

内容紹介

スポーツライディングを楽しむライダーのバイク誌

ライダースクラブ10月号の特集は、中野真矢の乗りこなし術「回して引き出す直4の本性」です。
国産メーカーが得意とし、半世紀以上にわたり熟成されてきた直列4気筒エンジン。スーパーバイク世界選手権6連覇中のカワサキNinja ZX-10Rを題材に、高回転まで回すと楽しい直4の魔性の片鱗を、中野真矢さんが解説します。
BMWのバイクとして初めて「M」の称号を得た、M1000RRにも最速試乗しました。

第二特集では、最新アドベンチャーツアラーの世界に着目。空前のブームに、いよいよハーレーダビッドソンもパンアメリカ1250で参入してきました。電子制御サスペンション技術をキーワードに、カワサキ・ヴェルシス1000SEとの比較も交え、カテゴリーの魅力に迫ります。

好評ライテク連載、青木宣篤さんのアドバンスド・ライディングテクニック。
第3回は「非セルフステアのためのステップワーク」です。
非セルフステアとはハンドルを押さえる操作ゆえ、上半身の支えとして下半身ホールドが重要になります。誰にでも参考になるステップワークを紹介します。

8月に世界中を駆け巡った衝撃のニュース。それがバレンティーノ・ロッシの現役引退です。
本誌テスターの元GPライダー3名は、ロッシの走りを同じサーキットで、同じレースで目の当たりにしてきました。
中野真矢さん、青木宣篤さん、原田哲也さんそれぞれだけが知りえる、ロッシの真の姿をお届けします。

中野真矢さんの対談連載「Talking Grid」
ゲストは先月に引き続き、ヤマハ・ファクトリー時代の大先輩、難波恭司さんです。
未来のレース界、そしてバイクを深く考えさせられる展開となりました。

連載企画「カスタムパーツの基礎知識」
今月取り上げたのは、バイクの走行性能に大きな影響を与える重要部品「ブレーキディスク」です。

新連載、「現代バイク用語の初級講座」もスタート。
サスペンションの減衰力ってなに? フレームの種類と進化など、今さら聞けないバイク用語を解説しました。