ライダースクラブ2022年1月号

タグ
シリーズ
  • A4判変型
  • 2021年11月27日発売
  • 価格 990円(税込)
  • 雑誌コード19315-0100-22
  • 公式サイト ライダースクラブ
  • 在庫あり
電子書店で購入する
電子書籍での提供は現在ありません
ライダースクラブ2022年1月号

内容紹介

スポーツライディングを楽しむライダーのバイク誌

巻頭特集は、R/C Technology「フレームがバイクを曲げる」です。
“フレームの剛性が高い”などという表現を、ライダーのインタビューなどで聞いたことがあると思います。金属で構成されているフレームが、走行中にしなったりたわんだりするのでしょうか。
にわかには信じられませんが、フレームは「しなやかな骨」なのです。
青木宣篤さんは、アルミツインスパーと、鋼管スチールパイプのフレームを持つ現行スポーツモデルに試乗。GPライダー時代に感じたフィーリングと共に、両者の違いや個性を解説します。
また、中野真矢さんと原田哲也さんには、現役時代に体験した、フレームにまつわる秘話を公開いただきました。

第二特集は、THE MOTORCYCLE HERITAGEです。
各メーカーが育んできた独自のバイク作りの哲学。
それを色濃く受け継ぎ、大いなる「遺産」を現代に残している各メーカーのマシンをご紹介します。
登場バイク
MV AGUSTA SUPERVELOCE S
BMW R18B/TRANSCONTINENTAL
HARLEY-DAVIDSON SPORTSTER S
KAWASAKI Z900RS
TRIUMPH STREETTRIPLE RS

R/C IMPRESSIONでは、
ベストセラーバイクHONDA GB350 Sを中野真矢さんがサーキットで走らせました。

カスタムパーツカタログは「ドライブレコーダー」に着目。
いまやトラブルからライダーをまもる必需品とも言えるドラレコの、最新事情をご紹介します。

好評連載
中野真矢の「Talking Glid」 ゲスト岡崎静夏さん
折原弘之の「パドックから見たコンチネンタルサーカス」
松屋正蔵の「熱狂バイククロニクル」
大鶴義丹の「好きだけじゃ済まされない」
バイク女子部の「Ride on time」