月刊美術2024年2月号

タグ
シリーズ
  • B5判変型
  • 2024年01月19日発売
  • 価格 1,980円(税込)
  • 雑誌コード03645-0200-24
  • 在庫あり
月刊美術2024年2月号

内容紹介

美術愛好家のパートナー

【巻頭特集】
ベテランから若手まで、精鋭30作家の挑戦
「龍」を描く 画面に宿る神秘の力

Part1 ベテランが達した龍の神髄
▼インタビュー
絹谷幸二「水の神であり火の神でもある龍は創造力を掻き立てる自然のエネルギー」
土屋禮一「決して掴めないのが龍、峨眉山で命懸けで感じとった息吹」

▼土方明司の「知りたい!美のヒミツ」第43回 手塚雄二(日本画家)
寛永寺根本中堂天井絵《叡嶽双龍》完成

▼特別寄稿
千住博 「デジタル時代にこそ求められる超自然の神秘を宿す本物の龍」
村上裕二「龍に遊んでもらえるとラッキー」

Part2 中堅・若手たちの挑戦
長谷川喜久/福井江太郎/志水堅二/瀧下和之
大浦雅臣/喜多祥泰/川又聡/金子富之
朝倉隆文/絹谷香菜子/Suzu Ishii/北澤龍
平良志季/玉井伸弥/岡村智晴/田中ラオウ
高津ゆい/山田雄貴/國府田姫菜/李姝霖

▼コラム
近代の龍図を味わう──橋本雅邦から加山又造まで
鬼頭美奈子(名都美術館 学芸課長)

▼クローズアップ
中野嘉之 水墨画展/令和の龍 新作展

▼ズームアップ
洋画家・木津文哉が長崎・本経寺に描いた龍

▼Exhibition
龍を見られる展覧会

【描き下ろし連載】
◆田村能里子風の道標(みちしるべ)
◆村上裕二先人画家の「術」をたずねて

【好評連載】
・アトリエ寫眞 金丸悠児
・「わがまま絵画点評─深見東州の世界」

【今月の注目展】
日常にみる非日常/塔本シスコ展/稜の会/植田一穂展 藤山ハン展/瀧下和之×岩田壮平展/Founded in 1975

【アートレポート】
沖縄県立芸術大学による 「琉球・沖縄文化遺産の復元研究」大解剖展

【団体展レビュー】
第10 回 日展/第 76 回 立軌展

【今月のこの作家、この作品】
美術新人賞デビュー2023準グランプリ 城戸悠巳子

【2023年下半期の主要美術賞・コンクール総覧】
FACE展2024/Idemitsu Art Awrd 2023/Seed 山種美術館 日本画アワード 2024/第1回絹谷幸二芸術賞 ほか

表紙画:池口史子